城山工業株式会社

設備情報

設備の特徴

プレス機械

部品の外形切断や成形等に使用しており加圧能力は45tから1200t。成形時においても高精度・高剛性であり、精密せん断を含む高精度プレス加工において一般のプレス機械とは製品精度や金型寿命に明確な差が現れます。シングルクランクの優位性を兼ね備えトランスファ加工、プログレッシブ加工、多工程冷間鍛造加工も可能です

プレス搬送ストック装置

材料をプレス成型後、既定の位置へ自動搬送し自動搭載するもので、2度目以降のプレス成型も自動で受け渡し、幅広いプレス成型が特徴です

ファイバーレーザー機

あらゆる切断タスクに対応する高速マシンです。どのような板厚でも収益性の高いカッティングを行います。非鉄重金属の加工を可能にし、さらに薄板と厚板で最高のエッジ品質を確保し、加工製品排出を容易にすると同時に、軟鋼厚板でも精緻に切断可能、軟鋼の厚板にも小穴を形成することができます

タレットパンチ加工機

平板ワークの部分的な切断・穴あけ・成形に使用、NC制御で油圧を駆動源にしたタイプのため専用型なしで加工ができ、タレットは「回る」パンチは「穴を開ける」を意味します

2次元レーザー切断機

高品質レーザーで複雑な形状も低入熱で歪みも少なく高速切断が可能です

ベンディング加工機

折り曲げ加工の専用機です。専用型不要の直線曲げタイプ、ロボット付自動加工ができるタイプ、大物部品を曲げるアシスト機能付きタイプがございます

YAGレーザー溶接機

イットリウム(Y)・アルミニウム(A)・ガーネット(G)で構成されるロッドを発振器とします。低入熱で低歪の溶接や片側からの溶接、袋構造部の接合等も可能です。CWタイプとパルスタイプがありワーク材質等によって使い分け均一なビートが得られます

TIGロボット溶接機

電極にはタングステイン(T)を使用しイナートガス(不活性ガス(IG))を用い溶接します。他の溶接に比べ、スパッターが少なく光沢のあるビートが得られるという特徴がございます

測定機

測定機にはデジタルマイクロスコープ、多関節型3D測定機、画像型3D測定機があり機械部品の三次元的な寸法・位置・形状などを測定するために使われています。またアームチルトトルク試験機はセレーション形状のトルク強度試験を行い、ボルトナット押し込み試験機では溶接品質(溶接強度)に対応して評価しております